札幌のリフォーム・リノベーションならライフスタイル札幌へ

リフォーム会社・工務店はなぜ水曜日に休みが多いのか?

約 3 分
リフォーム会社・工務店はなぜ水曜日に休みが多いのか?

ブログではお久しぶりです。青木です。

9月に入ったというのにこの気温!晴れが多いのはいいことですが、そろそろ気温は落ち着いてくれ!と叫びたい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
明日以降、がくんと気温が下がるそうですから、変化に気を付けないといけませんね。

さて、今日は水曜日。
弊社は雪が降る冬季期間中以外はお休みは基本なく、日曜日も人数は少ないですが、スタッフが事務所で滞在しています。
世間一般のリフォーム会社や工務店さんは水曜日にお休みが多いこと、皆様はご存じでしょうか?
「確認しないで行ったらお休みだった!」という経験、意外とありますよね。私は飲食店でよくあります。

別に法律で定休日を決められているわけではないですし、業界の「暗黙の了解」ってやつなのかなーと思っていたのですが、
せっかくなので少し調べてみました。

リフォーム会社・工務店はなぜ水曜日に休みが多いのか?

その1 土曜・日曜日にお客さんが多いから

調べてきた中で一番しっくりくるのは、「土日にお客さんが多く、水曜日が一番遠い曜日だから」でした。
確かに、会社勤めの方の多くは土日のお休みが多く、アポのお問い合わせは土日が多い印象があります。
弊社でも例に外れず、営業担当のスケジュールは土日がびっしり…。なんてことが多い印象です。
そこから数えて、一番遠い曜日が週の真中の水曜日。
順番を考えると、一番妥当なのが水曜日を定休する案だったのではないかということです。

その2 不動産管理会社が水曜日定休が多いため

マンションをはじめとする物件の管理をしている管理会社さんが水曜日が定休日だというところも多く、
こちらも要因ではないかと考えられています。
管理会社がお休みだと、話がなかなか進まないからお休みにする!という会社もなかなか多いみたいですね。

その3 「水」が「(契約が)流れる」を連想させる

とても日本人らしい理由ですが、「縁起を担ぐ」ことは大事だなぁと感じることもあります。
「水」という漢字が「契約が流れてしまう」ということを連想させてしまうため、あまりいいイメージを持たないという会社もあるんですね。
画像のように契約が流れてしまったら笑顔どころではありません。
たしかに、雨が降ってしまうと外構工事や外壁のリフォームにも影響があったりなど、業界的には「水」にはいいイメージはないかもしれません。


以上、「リフォーム会社・工務店はなぜ水曜日に休みが多いのか?」を調べてみたまとめでした!
リフォーム会社や工務店へ直接訪問される際、是非参考にしてみてくださいね。

とはいえ、弊社は先述のとおり、冬季のお休み以外は土日祝日、平日も無休で営業しております!
ただ、やっぱり土日のアポが多い印象はあるので、現地調査のご依頼は余裕をもってご相談ください!
皆様のご相談、心よりお待ちしております!