お見積もり

ライフスタイル札幌

冬場の悩み(ちょっと怖い話です)

冬場の悩み(ちょっと怖い話です)

皆様、楽しんでいますか? TENです。

お住まいにとって、冬場の悩みって色々ありますよね?

除雪が一番大変! という方も多いと思います。

 

・・が、今回は結露のお話。

結露と言うと、まず思い浮かべるのは朝の窓ガラス! 酷い場合は窓台までびっしょりだったりします。

ご承知のように建物の断熱性や日当たり等の立地条件、屋内の湿度によって発生します。

主な対策は先ず部屋の換気。それでも駄目なら窓ガラスやサッシの追加・交換となります。

 

・・・が、今回は屋根裏のお話。

実は床下と同じく、屋根裏の状態も普段は気にしていない方が大半だと思うのですが。

屋根の経年劣化によるスガ漏れや、断熱材が古くなったりしていると起こりやすくなります。

2階の部屋って子供部屋にしている家が多いですよね? で、子供たちが成人して家を出ると・・・

大抵は空き部屋となったり、物置となっている事でしょう。TENの実家もそうです。

 

で、今回はそんな、2階の空いていた子供部屋が何かカビ臭い・・・・? から始まりました。

 

呼ばれてお邪魔してみると、かすかですが確かにカビ臭い気がします。

TENは繊細な人間では無いので、実はそんなに気にならなかったのですが(笑)

匂いとかって、個人差ありますからね。人によっては凄く不快な場合もあります。

 

そこでさっそく気になる2階の部屋をチェック。天井裏点検口から覗いてみると・・・・・・

 

 

SONY DSC

TENにとっても、少しショックな光景でした。写真で解りますでしょうか? 屋根裏にびっしりカビが!

 

実は点検口を開けた途端、ニブい私にもはっきりとカビの臭いがわかった位です。

早速写真を撮りながら原因を調べました。カビの生え方や結露の量、木材の変色具合、釘やかすがい等の建築金物のサビ具合など、

状況と詳しく調べると共に建物構造図面を検討しました。何が原因でここまでに・・・・?

 

 

検討の結果、こちらの建物では屋根が無落雪のダクト屋根になっていました。

屋根裏にはダクトの排水部分が走っている為、それが邪魔して換気が不十分だったようです。

しかも、一部の屋根裏換気口は何故か塞がっている状態でした。建てた時からでしょう。

併せて1階リビングが吹き抜けとなっており、その天井部分から屋根裏に暖気が逃げていたのです。

結果としてリビングに暖房が入りっぱなしとなる冬期間、屋根裏は常に温められていたのです。

そうなると屋根上の雪で冷えた屋根板金と、暖かい屋根裏の空気の温度差によって大量の結露が発生。

しかも屋根裏の換気が不十分だった為、温度・湿度がカビにとって良い条件になったことが原因でした。

 

で、色々対策を検討した結果。

①屋根表面の断熱性を上げる

②屋根の板金(及び防水層)を新しくする

③屋根裏の換気量を上げる

④屋根裏の断熱材と腐食した木材を入れ替える

 

というご提案でいくことになりました。

以下はその工事中の風景です。

屋根を解体して、断熱材を入れ替えています。

SONY DSC

腐食した屋根垂木も交換。新しく野地板を貼ります。

imga0084

 

imga0116 imga0039

野地板を貼ったら、断熱材としてFP板を施工。それから防水紙です。

imga0081 imga0145 imga0146

 

imga0032-2 imga0031-2

最後は長尺の屋根板金で仕上げ。コーキングして完了です。

imga0002-3 imga0013-3 imga0009-3

 

imga0007 imga0008

 

高所作業でもあり、なかなか大掛かりな雰囲気ですよね。

でも、工事中は屋根が無いわけですからぐずぐずしてられません。雨でも降ったらエライことになりますから。

準備と打合せがキモです。段取りさえ完璧ならスムーズに作業は進みます。職人さんの動きの早い事!

自社の現場ながらホレボレします(笑)

 

北海道には梅雨が無いと言われており、本州の方から「梅雨時のカビの悩みが無くてよいね~」なんて言われますが。

寒い地域で暖かい家に住もうと思えば、断熱と換気のバランスは常に注意が必要ですね。

実際の建物というのは、図面と違い様々な状況によって変化しますので大変です。

カビによって大切な建物を損なったり、場合によっては健康被害まで起こすのですから少し怖いですね。

 

今回は少し怖い話ですいません。でも、ちゃんと処置すれば大丈夫。

安心してください、直せますよ!

ではこの辺で。

 

 

株式会社ライフスタイル 札幌
www.reform-sapporo.com/

本社:札幌市東区栄町698-4(篠路通沿い)
TEL 011-789-4500
FAX 011-789-4501

清田店:札幌市清田区清田2条1丁目14-10
TEL 011-376-0579
FAX 011-376-0679

 

お問い合わせ
0120-970-810
www.reform-sapporo.com/estimate