お見積もり

ライフスタイル札幌

ストック活用型住宅セーフティネット

ストック活用型住宅セーフティネット

おはようございます。天です(--ノ
今朝は油断していたところ吹雪が来たので遅刻してしまいました・・・。
自動車通勤の場合、前日に天気予報を見ておくのが常識ですよね?
朝起きて、「マズイ!」と思って出発したら、案の定の渋滞につかまっちゃいました。
遅れそうな時は事前連絡が義務ですから、社長や部下に連絡を入れなくてはなりません。
わかっていても、何とも恥ずかしくて気まずい思いをする事になり、朝からブルーです。
まぁ、O型の良いところ?!

で、すぐにケロっとしちゃいますけどね(笑)

くだらない前置きはともかく、賃貸物件のオーナー様に良い情報があります。
平成22年度の国庫補助事業として施行されている、ストック活用型住宅セーフティーネット整備推進事業
実はこれ、昨年末に駆け込みで施行された関係で、あまり一般に告知されていません。
詳しくは。こちらのHPをご覧ください。

簡単に言うと、賃貸物件で空き部屋が有る場合に、そこを改修する費用を国が一部負担してくれます。
そうすることで、空き部屋=ストック住宅を有効に活用し、要入居者=部屋を探してる人を助けようと言うもの。

 

景気対策という側面から、駆け足で事業が施行された感があります。

改修費用の三分の一まで、上限100万円まで助成金が出るので対象になるオーナーさんにとっては
朗報でしょう。

 

ただし、残念ながら予算に限りがあり先着順です。
締切は3月末までなので、駆け込み申請で早めに打ち切りになる可能性もあります。

個人的に思うのは、こうした国や地方自治体が行うリフォーム関連の助成というのをもっと告知すべきですね。
お役人の発想なのかも知れませんが(失礼)限られた予算だからなのか、一部でしか告知されません。
僕らのような、リフォーム専門の業者でもうっかりすると知らなかったなんて事もあるくらいです。

そもそも、税金の制度や保険の制度だって、自分で申請しないと還付金が貰えないですよね。
取り立てはきっちりやるのに、助成金や還付金はわざと判りづらくしているのでは?

なんてのは、ひがみ根性でしょうか(笑)

皆様は、大切なお金のことはきちんとされていると思いますが、忙しくて良くわからないまま・・
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

知らないうちに損してるかも?(--;

今、リフォーム業界は大きな改編期を迎えています。

国の政策により減税や助成金も様変わりしています。
大きな買い物だけに、損することの無いように安心できる相談先を見つけておいて下さいね!

 

 

マンション・戸建のリノベーションは

株式会社ライフスタイル札幌

http://www.reform-sapporo.com/reform

本社:札幌市東区栄町698-4(篠路通沿い)
TEL 011-789-4500
FAX 011-789-4501

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)