お見積もり

札幌のリフォーム・リノベーションならライフスタイル札幌へ

マンションや2世帯住宅に…遮音等級ってなに?

約 2 分

マンションや2世帯住宅に…遮音等級ってなに?

こんにちは、ウェブ担当の青木です。

マンションなどのリフォームの際、やはり気にしたいのは床の遮音性。
小さいお子さんや、ペットの走り回る音・衝撃や、水まわりの生活音なども気になる要素の一つです。

「音」問題はご近所トラブルの原因にも

弊社の商品紹介でも、「上下階の音が響きやすいマンションには防音性能表示としてLL-45以下の等級の遮音床材が最適です。」とご紹介していますが、この「防音性能表示」や「LL-45」っていったいなんだろう?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな防音性能表示について少しまとめてみました。

L等級(えるとうきゅう)について

この、「LL-45」などの表示は「遮音等級」という、実際に聞こえる音のレベルを表しています。
大きく2種類に分類されますが、この「LL」とつくものは「軽量床衝撃音」と呼ばれ、食器やおもちゃなどが床に落下した時、椅子を引きずる時など、日常生活で生じてしまう「音」のレベルを示しています。

遮音等級比較表

この遮音等級は数字が小さくなるにつれて、防音効果が高くなります。
日本建築学会では、マンションなどの集合住宅は、LL-45までが望ましい水準として推奨しています。

ちなみに、防音フローリングの断面はこのような感じです。

防音フローリング

厚みのあるクッションで階下への衝撃を和らげます。
先述した通り、弊社で取りあつかうフローリングは、LL-45、LL-40の防音フローリングも取りあつかっております。
ご近所トラブルになりかねない、「音」の問題。
防音対策は備えあれば憂いなし!

ホットカーペットや床暖房対応のものや、小さいお子様がいるご家庭や、ペットを飼っているご家庭でも安心な滑りにくいフローリングなどもありますので、マンションや2世帯住宅をお考えの方は、まずはお気軽に弊社までご相談くださいね!

内装リフォーム商品ご紹介はこちらから